Copyright(c) Daibizen Inc
All rights reserved
企業理念  

食を通じて日本の文化を継承したい。  

  私どもは、この理念に基づき日本文化の集大成である日本料理店を中心に成長してまいりました。お客様のニーズを的確に捉え、ご接待処の料亭から気楽にご利用できる居酒屋までそれぞれ個性を持った店舗を幅広く展開し、お客様に感動していただき喜こんでいただけるよう常に新たな業態へチャレンジし続けております。

  私どもの経営目的の一つは「大切なお客様に伝統と文化の温もりを発信する。」ことです。 日本料理店を通じて、失われつつある日本文化の象徴である書院造りや数寄屋造り等の建築、小紋や付下げ等の着物、四季折々の趣向を凝らした日本料理や和食器、掛け軸や日本画等の書画骨董、礼儀作法等これら伝統の様式美を守り継承し次世代に伝えていく事が私どもの使命だと考えています。

  私どもは「より安心・安全で、より美味しく、より心地よい店造り」をモットーに、お客様に本当に美味しい料理を提供するために安心・安全な食材を調達し、またより心地よく過ごして戴くために、社員一人一人がホスピタリテイーの心つまり「おもてなしの心」でお客様に接するよう常に心がけていきます。

  経営目的の三つ目は「社員の幸福と社会への貢献」です。企業の人創りにあたって、仕事を通じて人間が持っている本来の資質育てることにより、人間性や人格を向上させることが一番大事であると考えます。豊かな人間性や充実した生活基盤が社員を活性化させ社員一人一人が、自分の人生の主役として幸せになって欲しいと念じてやみません。一人でも多くの社員を幸せにし、また周囲の人々も幸せにし良い影響を与えたい。それが社会への貢献の一つだと思います。近年、環境問題がクローズアップされていますが、弊社でもゴミのゼロエミッション、食の安全の確保、エネルギーの有効利用等、出来ることから一つ一つ真摯に取り組んでいきたいと思います。

  私ども大美膳は、規模の経済や量的拡大が価値を持たなくなった今、いたずらに企業拡大を望まず、無理無駄のない経営、確実に利益のでる良質な経営により人材の育成を第一に考え社員の成長とともに店舗展開を図り、一歩一歩確実に成長する企業を目指していきたいと思います。


永和商事 株式会社 代表取締役 渡邉 裕之